SecondLifeでなにかするの術

SecondLifeがおもしろいのでハマりそうです。けどわかりづらいです。なのでわかった事をブログにメモります。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
~アートアニメーション~ ぼくらと遊ぼう! 1
~アートアニメーション~ ぼくらと遊ぼう! 1 (JUGEMレビュー »)

チェコのステキなアニメーション。立体のような、平面のような、アナログ感たっぷりの絵がステキです。ヘンテコな熊のキャラクタもナイスです。
SPONSORED LINKS
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
Ad
BlogBattler
CBCNET:TANK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
primで星をつくる
さて。SecondLifeでのものづくりについてひさしぶりにマジメに何か書いてみようかと思います。今回は、★の作り方。です。(なんか画像がはみでちゃうのでまたデザイン変えました。。。)

SecondLifeっていうのは世界に登場する3Dのオブジェクトやらテクスチャやらその他モロモロ全部ダウンロードしながらプレイするです。現在のブロードバンドな時代においてもそれはさすがに追いつかないようで、各種軽くする工夫がなされているようで、3Dオブジェクトについては四角や丸の基本的な図形をメインに使うようになっています(チューブみたいなのとかリングみたいなのとかなんか複雑なのもあるですが)。なので基本図形をもとに一部切り取ったりネジったり組み合わせたりしてみなさんがんばっておられるようです。

というわけで。できあがり予定品↓

ありがちな星ですね。primは5個です。

まずは元となる三角形を、つくります。したに並んでるツールバー(?)のなかから「Build」ってのを押すとでてくるウィンドウから「Create」ってとこにある三角のやつを選んで、最初のprimを生成します。



したらばこんなの出てくるです。このひとを星形のトンガリ一個分につかおうと言うわけでござります。



でもって、このままだとちょっと形が合わないので、「Path Cut Begin and End」ってとこのをいじってちょっとスリムになってもらいます。数値はこんな具合[B:0.350 E:0.650]。で、横から見てみるとこんなかんじ。



この状態だと星の正面にあたる部分が手前に倒れちゃってるので、ちょっと回転させて直立させます。345度っていれたらなんかまっすぐな気がしました(・・・適当)。



視点を正面にもどしてみると、こんな図形になっています。これを複製して回転させてあげたら星形になってくれそうな予感です。



んでちょっといまつくった三角さんはおいておいて、キチっと回転させるための補助となるprimをつくります。これは三角さんよりも大きかったらなんでもOKです。とりあえず球体をつくりました。



つくったばかりだとあんまり大きくないので、てきとうにでっかくします。で、三角さんのうしろあたりに移動させます。



そしたらPositionの数値を三角と球体とを同じにしてピッタリ整列させます。
整列ツールみたいなのがあればらくなんですが。無いです。ので、どちらかの座標数値をコピってもういっこにペーストするのがよいと思います。

このキャプチャ画像で[Y:102.915 Z:400.327]ってなってるのはたまたまですので、アナタのSecondLifeで同じ数値をいれたりするときっと遥か彼方にすっ飛んでいってしまうので気をつけてください。



今回はY座標とZ座標をあわせました。3つの座標を全部同じにしてしまうと三角さんは球体のなかに完全にうもれてみえなくなってしまうので気をつけましょう。
完全な位置合わせをするにはグリッドにそって移動させるか座標を数値入力しかないみたいです。

そのあと、三角のほうだけすこし上方向に移動させておきます。
そうしないと奇麗な星形になりません。移動量は全体の大きさにもよりますので一概にいえませんが、星形の正面のトンガリ部分が球体のちょうどまんなかあたりにくるかんじです。この部分は何回かやり直してみてちょうどいいトコロを見つけたらよいかと思いますが、ちょっとずれていてもそれはそれで面白い星形になったりします。宝石みたいな。



そしたら二つを選択してctrl + Lでリンクさせます。なんか鼻がついたまんじゅうのようです。


ここから、複製して回転を行っていく訳ですが、なぜでっかい球体とリンクさせたかというと回転後の位置合わせを微調整がんばらないといけなくなるのです。めんどくさいです。やりたくないです。というわけで、どでかい球体と一緒に回転させることでその手間を省くの術です。ちなみに球体を使わずに三角さん単体で回転させると、こうなります。



まあがんばれば星形になりそうですが。やめときましょう。
それでは。まずはリンクされた三角と球体を、Shiftを押しながら移動してコピーするです。すぐもとに戻しちゃいますので移動する距離はてきとうでいいです。



したら、ctrl + Zでundoします。すぐ取り消しすんなら最初からやらなくていーじゃねぃの、ってかんじですが、なぜかこれをすると、[コピーして移動][移動]だけ取り消されまして。[コピー]はされたままなのです。つまり全く同じ位置に二つのオブジェクトが置かれている状態になります。



そしたら回転を行いましょう。今回の星形はトンガリが5個です。360度わる5は72度でございます。んでは72度回転をさせてみます。



あ。いきなり色が変わってますが、なんか見づらいので三角だけ赤色にしました。三角単体でまわした時とちがって位置調整なしでもこれを繰り返せば★ができそうですね。大きな球体のprimと一緒にまわすことによって回転の中心点をコントロールするの術であります。
あとは同じようにコピー→ctrl + Z→回転っと、角度を72度ずつ変えていきながら繰り返します。
72度→144度→216度→288度。ってな具合でありますか。



4回やったところで星形の完成です。そしたらそれぞれをctrl + shift + Lでリンク解除して、役目の終わった球体だけ削除してあげれば、星形完成でございます。おつかれさまでした。



ちなみに三角だけ上にづらすときの移動量によってはこんなんができたりもします。これはこれでなかなか面白いです。むしろちゃんと位置あわせした星より手が込んでいるようにも見えますね。



この、でっかいprimとリンクさせて回転の術はかなり応用が利きますのでいろいろトテモ便利なのです。
本気の3Dソフトとくらべるとこんな小細工をしないといけないのがなんかチープで楽しい部分ではあります。

今回は裏から見ると平べったいいの★が欲しかったんで三角錐ではじめましたけども、裏もとんがっててよければ四角錐ではじめて最初のほうのPath Cut Begin and Endやらややこしい部分は省いていいと思われまし。

したらばまたそのうち。
球体にテクスチャを貼る
えーと本日はまるまっこい球体にテクスチャを貼るときのことでちょっとわかったので書いておきますの術。

まず、こんなオブジェクトを作りたいとしますです。毒キノコちゃんのあたまみたいなやつですね。ななめ上から見た図です。



で、球体はツールからポンと簡単にできますんで、テクスチャを作る訳ですが、まあ、何も考えずつくってみたのがコレ。



真ん中がちょっとでっかくなってるみずたまです。んでさみしいフトコロから頑張って10L$払ってアップして、早速貼付けてみましたら、、、



おっとなんか予想と違います。ちょっと視点を変えて横からみてみると、こんなんなってます。どうも横方向から貼り付いてしまっている様子。そしてなんだか横に伸びちゃってます。



まあこれでも、Buildパレットの「Texture」にある「Repeats Per Face」ってとこを調整して縦横比をなおしたり「Offset」いじって上に持ってきたりそもそもPrim自体を回転させてもいいわけですが、「Dimple Begin and End」とかで変形させようと思ったらどうもうまくいってくれない。Scriptでテクスチャいじったりするときも、もしかしたらやりづらい場合が出るかもしれないので、Offsetいじらずに予想通りに貼付けられる術を身につけておいた方が、良さそうな気がしました。

んでたどり着いたのがしたに並んでるメニューの「Search」で「Texture Tutorials」で検索すると出てくる、Texture Tutorials by Robin(Sojourner) Woodっていうとこ。ココいくとテクスチャについて詳しく色々説明がみられます。例によって難解な英語なんですが。そして、サンプルのScriptとかテクスチャとかももらえます。その中に、Primにテクスチャがどのように貼り付くのか調べる用の「test pattern」ってのがありまして。こんなやつ。



これを球体primに貼ってみると、こんなんです。



なるほどー。どの部分がprimの何処にくるのか一目瞭然の術なのです。貼付けはやっぱり横方向からなので、上の方に持ってくるには、テクスチャの上のふちのところになんか描くのですね。というわけで作り直したのが、こんなやつです。



なんだこれー。って感じですが。最初につくった水玉画像を全体的に中央にぎゅっと寄せた後、Photoshopのフィルタ「極座標」→「極座標を直交座標に」ってのをやっただけです。「極座標ってなんだよ」って場合はGoogleさんとかで調べましょう。極座標変換ができるフリーウェアなんかもあるんじゃないかと思います。

んで貼付けましたら、最初の画像のように、ちゃんと上方向にでっかい●が来てる水玉ボールが、完成の術です。



それを元につくったのが、このキノコスーツ。これで歩くとかなりウケます。けどちょっとでか過ぎて周りがよく見えないのが欠点です。



ふーあいからず一個の記事が長いですねこのブログは。あんまり長続きしない気がしています。
Tシャツのテンプレート
前回のエントリーでTシャツ作成のためのテンプレートを紹介しましたが、SecondLifeが公式で配ってるオフィシャル(?)なテンプレートは、細かいところが案外てきとーな具合で、微妙な位置合わせとかしたい場合は若干てこずったりします。

というわけで、もっと細かく設定がされているテンプレートPSDファイルを配ってるサイトがありましたので紹介、の術。
http://www.slboutique.com/chipmidnight/

3Dなボディのガイドがすごく細かく引いてあるので、ココとソコがつながるのね、っという部分がとても分かりやすく作りやすいでございます。

どでかいサイズで置いてあるので、実際にアップするときは512x512pxにリサイズする必要が、あるです。
Tシャツのつくりかた
ほんじつは、オリジナルTシャツのつくりかたを習得したので、ココにメモっておくの術。

テクスチャを貼付けるだけなので、例のややこしい3Dモデリングツールは使いません。画像さえ用意できれば簡単なので、Photoshopが使えるならばすぐに出来るですよコレ。

まずは画像を準備するですが、当然、アバターの体の形にあった画像をつくらないとです。
http://secondlife.com/community/templates.php
からテンプレートとなるPSD画像がダウンロードできるので、これを落としてきて、Photoshopで開きます。
今回はTシャツなので「Upper Body」ていうのを使うです。

レイヤーがたくさんありますが、非表示になってるレイヤーたちはサンプルで、参考にしたかったら見たら良い程度。
で、一番したのレイヤーに下記のような画像があります。

Upper Body用のテクスチャをはりつけるとこういう具合に体にかぶさりますよ。っというガイドラインのようです。ここに描いてある体の線の内側だけが使われるですね。

これの上にレイヤーを置いて、色を塗ったり模様や字を書いたりしてテススチャとしてアップして貼付ければよいのです。

ちなみにこのガイドライン画像をアップしちゃって着てみるとこんな見た目になりました。

ふむふむ。ガイドラインの体の外側の薄緑っぽい部分までは表示されないようです。

というわけで、これを参考に画像をつくって、Targa形式(.tga)で保存します。TGAだとアルファチャンネルも使えるようで、アルファチャンネルを使えば下に着てる服がシースルーなシャツだとか、タトゥーみたいのもきっと出来ますね。アルファチャンネルを使いたい場合は32bitで保存する必要があるようです。

SecondLifeの「File」メニューから「Upload Image (L$10)」を選択してアップすると、Inventoryのテクスチャー置き場に入ります。そしたらば、自分のアバターのAppearance画面のShirtとかJacketで、テクスチャとして読み込めばいいのです。

ところで、これ、(L$10)って書いてあります。そう。アップするのにお金が要ります。。。。
ですがアップを実行する前に仮のアバターに着せてみるチェック画面みたいなのがでます。そこでチェックしてみてあまりにも予想と違ってたらキャンセルして画像を直して再チャレンジできますので、試行錯誤を繰り返してたらお金がなくなっちゃった。。。なんてことは、ないでしょう。
けど実際のアバターに着せてみると細かいところがきになってしまって再アップ、なんてコトは、けっこうあります。

というわけで長くなりましたが、今回は下記の二種類の画像を準備して着てみました(わかりやすいようにガイドラインを消さずに表示してあります)。



これを着ると



こんな感じです。

同様のやり方で、Lower_bodyのテンプレートを使えばズボンとかパンツとかできるですねきっと。